「藤山和孝のイビキ改善マニュアル」でイビキの悩みを短期間で克服出来ました。

イビキを治す手術はどうなのでしょう?

イビキを治すために手術をお考えになっている方も多いでしょう。確かに、私も藤山和孝のイビキ改善マニュアルに出会うまでは手術での治療も検討していました。

 

 

しかし、イビキを治す手術にも色々と問題が有るようです。

 

 

まず、イビキの手術がどういうものかを説明しましょう。

 

 

イビキの多くの原因は喉の部分の口蓋垂(のどちんこ)や軟口蓋や扁桃のいずれか、または全てが大きいため喉頭腔(空気の通り道)が狭まることによりこれらが振動して音を出す事によるものです。

 

 

 

 

 

 

従って、イビキを治すための手術はその大きさによって口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋、扁桃などを切除する咽頭形成手術をすることになりますが、切除する部分が大きい場合にはそれだけ大掛かりになりますので、長ければ手術のために数週間入院しなければならない場合もあります。

 

 

手術の費用も簡単な手術で済めば、保険も適用されることが多いですので、検査含め数千円で出来ますが、範囲が広い場合は数万円から、保険が効かない場合は数十万円かかることもあるのです。

 

 

 

また、イビキの手術は結果的にどの程度改善するのかは正確に予測することが非常に難しいそうで、とりあえず口蓋垂を切ってみても改善されない場合、追加手術の必要も出てきますが、イビキは口蓋だけでなく鼻が原因の場合もあり、最終的に口蓋垂、軟口蓋、扁桃などかなりの範囲を切ってしまっても全く改善しないという事もあるそうです。

 

 

では、鼻の手術はどうかといいますと、レーザーで外来で出来ますので咽頭を切除する手術よりは簡単なのですが、手術後にかえって悪化するケースもあるそうで、リスキーだという報告もあります。

 

 

参考リンクhttp://www.sleep-breathing.bc.ca/laup.htm

 

 

 

このようにイビキを治すための手術では切れば100%完治するという保証はありませんし、少なからずリスクや費用の負担もありますから、医師と相談の上慎重に考えるべきだと思います。

 

 

 

やはり手術を検討する前に、まずは安全な>藤山和孝のイビキ改善マニュアルを行ってみることを私はおすすめします。

 

いびきを治すには「藤山和孝のイビキ改善マニュアル」TOP