いびきを治すことにより、昼間もスッキリ元気に!

いびきを治すことにより、昼間もスッキリ元気に!

私が「いびきストップ完全マニュアル」で睡眠中のいびきを治す事が出来たことによって、家族にも迷惑がかからなくり喜ばれましたが、私自身の普段の生活も決して大袈裟ではなく、とてもパワフルで充実したものになりました。

 

 

 以前大きなイビキをかいていた頃はイビキのために質の良い睡眠がしっかりとれていないためか、とにかく日中特に昼食後など猛烈に眠いのです。

 

 

時間の余裕があれば仮眠などするのですが、それでも眠気はほとんど取れなく仕事にも集中出来ず、いつも眠気とだるさによる仕事のミスや効率の悪さにずっと悩んでいました。

 

 

 そこでネットなどで色々この異常な眠気やだるさの原因を調べた所、やはり私のかくイビキと関係があるらしいことが分かりました。

 

 

 この症状は睡眠時の呼吸障害のせいであるらしく、寝ている時に一時的に呼吸が止まってしまういわゆる「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれるもので、症状は眠っている時の大きなイビキ、日中の強烈な眠気やだるさ、睡眠時の呼吸の停止(妻に言われましたが、イビキの音が一時的に急に消えることがあったそうです)など、ほぼ私の当時の症状と一致しました。

 

 

 私の場合、本格的な重度の睡眠時無呼吸症候群というところまで行っていたかどうかはわかりませんが、イビキも睡眠障害の1つですので、大きないびきをかく人は少なからず同じような昼間の眠気などの症状に悩まされているのではないかと思います。

 

 

 それは、睡眠時無呼吸症候群が寝ている時に舌根や軟口蓋が下がって気道を塞いでしまう事が主な原因だそうで、これはいびきをかく原因と同じだからです。

 

 

 「藤山和孝のイビキ改善マニュアル」は舌根や軟口蓋を鍛えることによって寝ている時にこれらが気道を塞ぐことを防止する方法ですので、私はマニュアルの実践でいびきを治すことによって睡眠時無呼吸症候群因も同時に治すことが出来、今では昼間眠くて集中できないという事は、以前と比べるとほとんど無くなりました。

 

 

 睡眠時無呼吸症候群はその本人が眠気で辛いというだけではなく、集中力が欠如するため仕事に係る問題などで、イビキと同様周囲に迷惑をかけてしまうこともありえます。

 

 

 なんと、アメリカのスリーマイル島やロシアのチェルノブイリの原発事故は係員が睡眠時無呼吸症候群による集中力の欠如から生じたミスだといわれており、日本でも山陽新幹線の運転手が睡眠時無呼吸症候群により走行中に数分間も居眠りをしていたということがあったそうですから、恐ろしいです。 一人の睡眠時無呼吸症によって大勢の人の命が危険にさらされるといっても過言ではないですね。

 

 

  今もイビキや睡眠時無呼吸症で悩まされている方は、私のおすすめするいびきストップ完全マニュアル」などを実践して一日も早く治していただきたいと思います。

 

本当に元気でスッキリした生活が出来ますよ!

 

 

いびきを治すTOP