「藤山和孝のイビキ改善マニュアル」でイビキの悩みを短期間で克服出来ました。

女性のイビキ

藤山和孝さんのマニュアルのおかげで今でこそイビキがすっかり改善しましたが、私のイビキがうるさかった頃はやはり家族にもかなりイヤがられていましたね。

 

 

 そりゃ逆に考えれば私だって、もし同じ部屋で寝ている妻のイビキがうるさくて毎晩ろくに眠れなかったらかなりイライラするというか、もう寝不足続きで精神的に病んでしまうかもしれません。

 

 大きなイビキをかいて寝ている人ってなんとなく男性のイメージがあると思いますが、実は女性でも自分のイビキで悩んでいる人は多いそうです。

 

特に最近は日本人でもスタイルが良くて小さな顔の若い女性が多くなってきましたが、小顔の人はアゴが小さいため、舌根が落ち込んで気道をふさいでノドが狭くなっていたり、男性より比較的のどの筋肉が弱いため、これがいびきにの原因になることも多いそうなのです。

 

また、エストロゲンという女性ホルモン(エストロゲン)が年齢と共に減少していくと舌の筋力が落ちることもいびきの原因になるそうです。たとえ若くても不規則な生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうとエストロゲンの分泌に影響するので気をつけたいですね。

 

 これらのような場合でも顎や舌根の筋肉ががしっかりさえしていればいびきはかかなくなるのですが、これはイビキ改善マニュアルに最適なトレーニング方法が載っていますので参考にしていただきたいです。

 

 

 女性にとっていびきの悩みというのは恥ずかしいという事も当然ありますが、ひどい時には女性のイビキが原因で恋人と別れたり、離婚に至ってしまうとケースも結構あるそうなんで、男性に限らず悩みは本当に深刻だと思います。
早く治してしまった方が良いのは当然ですよね。

 

 

 イビキを治す方法といえば、手術のように高いお金もかからず、体の一部を切るというリスクも無く、根本原因から改善できる藤山和孝のイビキ改善マニュアルがやはりベストだと思っていますが、ただこのマニュアルにしても何日かかけてイビキをかかないような体にしていくためのトレーニングですから、効果が実感できるまではどうしても数日はかかります。

 

 

 藤山和孝のイビキ改善マニュアルのトレーニングでいびきをかかない体を徐々に作っていくにしていくにしても、家族や恋人との関係が深刻ならばとりあえず応急的にでも、今晩からでもイビキを出来るだけかかないようにしたいですよね。

 

 

 まず、なるべく仰向けに寝ないことを気をつけたましょう。仰向けに寝るとどうしても舌根が下に下がってしまいますので横向きに寝ていれば気道はかなり確保され、それほど大きなイビキをかかずに済むはずです。

 

 

抱き枕等を使ってなるべく仰向けにならないよう工夫するなどするのがよいでしょう。

 

 

また口呼吸はイビキの原因になりますので、鼻がつまっていて口呼吸になってしまうような場合は鼻炎薬や鼻孔拡張テープなどで鼻の通りを良くしたり、口呼吸を防ぐためのマウスピースなどを使う方法もあります。これらの事を行うだけでも大分イビキは軽減されるでしょう。

 

 

 しかし、こういった事もその場しのぎの対処法ではありますので、イビキを根本的に治し、2度といびきをかかない体を作るためには、平行して藤山和孝のイビキ改善マニュアルのトレーニングを実践していくことをおすすめします。